メディア情報 - media information
メディア情報
日付
イ・サンウさん主演ドラマ“温かい一言”の韓国報道資料まとめ
2014-01-20

~1. 記事掲載日時 : 2014-01-08 午前2時56分
2. 記事タイトル : ‘温かい一言’チ・ジニ、イ・サンウ、パク・ソジュン、あらゆる年齢層の‘女心’を虜にする男たち!
3. 記事出処 : 韓国経済TV / ユ・ビョンチョル記者
4. 記事リンク : http://wowstar.wowtv.co.kr/news/view.asp?newsid=15602
5. 記事抜粋
 

SBS月火ドラマ‘温かい一言’が全年齢帯の女性視聴者を虜にして毎回、彼女らの注目を集めている。

回を重ねるごとに興味津々のストーリー展開で視聴者に好評のドラマ‘温かい一言’がチ・ジニ、イ・サンウ、パク・ソジュン、ユン・ジョンファなど好青年キャラクター目白押しで多くの女性視聴者の支持を独り占めしているという。

ドラマの中で電子会社代表ユ・ジェハク役として熱演を繰り広げているチ・ジニは、フォーマルスーツにダンディなヘアスタイル、重低音ボイスで‘美しい中年’の魅力を存分に見せつけ30代から40代はもちろん20代の若い世代の女性視聴者をも魅了している。男らしく、恵まれた運動神経と人を和ます魅力にも富むキャラクターのユ・ジェハクは、不倫という事件の中心にはいるものの憎しみの対象としてだけではない、完璧な‘美中年’のビジュアルで‘温かい一言’の女性視聴者たちを胸ときめかせている。

特にチ・ジニは、‘チャングムの誓い’‘春の日’‘トンイ’等で見せてくれたソフトな男性の魅力にさらに生気と活力を吹き込んでユ・ジェハクキャラクターを表現、女性なら誰でも魅力を感じる完璧男を再び誕生させたという評価を得ている。

チ・ジニと葛藤の壁を築いて女心を虜にするもう一人の俳優はイ・サンウ。今までは温かく優しい男性の典型のキャラクターを主に演じてきた彼は、この作品‘温かい一言’でマッチョの魅力を漂わせながら女性の心を揺り動かしている。

イ・サンウはすらり伸びた長身に整ったルックス、感覚的な会社人のファッションを見事に消化しながらお茶目で、時には火のような性格を持った魅力満載のキム・ソンスキャラクターを完璧にこなし、20代、30代女性視聴者の関心を集めている。

最後にパク・ソジュン、ユン・ジョンファら若い層の男性俳優たちは10代から20代後半までの若い層の女心を担当している。パク・ソジュンは姉のためならどんなことでも厭わない足長おじさんのような魅力と、ハングルとのラブラインも加えてより多くの見所を提供している。また、ユン・ジョンファはユン・ジュヒとおしどり夫婦役で登場、作品の中で時折仲睦まじい爆笑シーンを提供して‘温かい一言’の女性視聴者をドキドキさせている。

チ・ジニからユン・ジョンファに至るまで多様な魅力を持った男性キャラクターが総出動し、中年は言うに及ばず10代、20代の女性視聴者をも魅了しているSBS月火ドラマ‘温かい一言’は毎週月火曜、夜10時から放送される。

~1. 記事掲載日 - 2014.01.07
2. 記事タイトル -  ‘タマル’チ・ジニ、浮気を責めるイ・サンウに“あなたも不倫男”
3. 記事出処 - [TVリポート=ハ・スナ記者]
4. 記事リンク - http://www.tvreport.co.kr/?c=news&m=newsview&idx=446909
5. 記事抜粋

 チ・ジニとイ・サンウが互角の神経戦を繰り広げる。

7日に放送されたSBS ‘温かい一言’では、ソンス(イ・サンウ)が妻ウンジンの不倫相手であるジェハク(チ・ジニ)の居所に押しかけ殴りつけるシーンが描かれた。
ジェハクを訪ねたソンスは“敢えて言いいたいことはないけど、ただ気になっていた。どんな男なのかと”“俺の妻と連絡してるのか”と問いただした。これに対しジェハクは“連絡してない”と答えた。
ジェハクは“一発殴られてから話そうか?”と話し、ソンスは“殴るか殴らないかは俺が決める”と答えた。そして車の事故をジェハクの妻側が起こしたと知ったソンスは、“頭がどうかした嫁と暮らすのがいやであれこれ当り散らすのは分かるけど、自分の嫁すら面倒を見られない分際で、どうして他人の女性に手を出すんだ!”と激怒した。
“僕たちのことだけ話そう”というジェハクに、ソンスは“あんたと俺がどうして‘僕たち’になるというのか。この犬畜生め”と吐き捨ててその場から立ち去ろうとする。ジェハクは“キム・ソンスさんも以前は不倫男でしたよね?”と聞き返し、怒りが込み上げたソンスは彼に殴りかかった。
この日の放送ではソンスがウンジンを前にして涙を流しながら辛い思いを告げるシーンも描かれた。

~1. 記事掲載日 : 2014.01.06
2. 記事タイトル : '温かい一言'イ・サンウ、ハン・ヘジンの不倫に'嗚咽'
3. 記事出処 : エックススポーツニュース=キム・ヨンジン記者
4. 記事リンク : http://xportsnews.hankyung.com/?ac=article_view&entry_id=4061645.
記事抜粋 :

温かい一言'イ・サンウ‘おえつ演技’を披露する。

6日に放送されるSBS月火ドラマ'温かい一言'(原題タトゥタンマルハンマディ、‘タマル’) 9話ではソンス(イ・サンウ扮)がウンジン(ハン・ヘジン)の不倫を知って涙を流してしまう。
ソンスはウンジンと長期恋愛の末に結婚したが、5年前に会社職員と浮気したことがあった。結婚以来、妻ウンジンに温かい言葉をかけてあげたことがない彼は、当時、離婚を求められて辛い思いをしたことがあった。
ところが最近ウンジンが中小企業代表のジェハク(チ・ジニ)にインタビューをしたことがきっかけで彼と浮気したことを知り激怒する。怒った挙げ句ソンスは、泣きながら浮気したことを告げたウンジンの面前でワインが乗ったテーブルをひっくり返してしまった。

イ・サンウのおえつシーンは去年12月末にSBSイルサン制作センターで撮影された。チェ・ヨンフン監督の'キュー・サイン'を合図に、部屋に入ってきたイ・サンウはそのまま床に座り込んでしまい、傷を負った左手で顔を覆っておえつし始めた。スタッフらが息を止めて見守る中、彼は声を押し殺しておえつ演技を続けたとのとこ。チェ監督の 'カット'の掛け声があってからようやくイ・サンウも大きく息を吸い、そんな彼の演技にスタッフたちもまた拍手で彼を慰労した。

助監督のキム・ヒョミンPDは、"ドラマ'タマル'は、話が進むにつれキム・ジス氏とハン・ヘジン氏が交互に一級品のおえつシーンを披露して視聴者の関心を高めた"とし、"今回はイ・サンウ氏もおえつシーンに合流し名場面をもたらしたが、このことはドラマに一層の緊張感を与え、視聴者たちをドラマの世界に引き込んでくれるであろう"との自信を披露した。

イ・サンウのおえつシーンは6日夜10時からの'タマル'で見ることができる。

 

 

 

 

ID:
PWD: