メディア情報 - media information
メディア情報
日付
‘真心が届く’ イ・サンウ―ソン・ソンユン, 応援誘発ロマンス…ひまわり純情告白
2019-03-19

[韓経ドットコム キム・ナギョン記者 20198.3.18]

 

tvN 水木ドラマ‘真心が届く’ では様々なカップルのロマンスが成就し楽しみを誘っている。

イ・ドンウク-ユ・インナの直進ロマンス以外にもイ・サンウ―ソン・ソンユンの切ないUターンロマンス, シム・ヒョンタク-パク・キョンヘのコミカル絶頂ロマンスなど脇役ロマンスとして視聴者の趣向をくすぐり‘真心が届く’に豊かな楽しみを加えている。ここではわき役ロマンスとして視聴者に愛されている二組のカップルの魅力について整理してみた。

まず検事キム・セウォン(イ・サンウ)とユ・ヨルム(ソン・ソンユン)のロマンスは切なくて視聴者の応援を促している。二人は別れた恋人関係だが, キム・セウォンはユ・ヨルムに向けた終わりなき愛を注いでいる。キム・セウォンはユ・ヨルムを大切にサポートし, あたたかな励ましを送り支えてきた。


特に二人の別れは愛が冷めてからではなく取り巻く状況に追い詰められた結果だということが明かされもどかしさを感じさせた。특キム・セウォンの父がユ・ヨルムにきつい言葉を投げたことが明かされこれにキム・セウォンは “僕は何もいらないただユ・ヨルムにそばにいられるだけで充分だ。僕は君とやり直したい”と再び告白し二人の恋愛を応援したいと言う思いを強く感じさせた。

弁護士チェ・ユンヒョク (シム・ヒョンタク)とダン・ムンヒ(パク・キョンヘ)のロマンスはコミカルで反転の笑いのコードが埋め込まれていて愉快さを炸裂させる。ダン・ムンヒはチェ・ユンヒョクの身代わりになって髪を引っ張られたかと思うと, 法律の条項を羅列し最強クレーマーからチェ・ユンヒョクを守り抜いた。

特に先週の12話でダン・ムンヒが迫力(?) 満載の‘壁ドン告白’でチェ・ユカヒョクのハートを揺さぶった。ダン・ムンヒは“チェ先生私たち契約恋愛しませんか?”と好意を露骨に示し, これにチェ・ユンヒョクは年俸契約でもなく家の契約でもないのに契約という単語で僕のハートをときめかせるこの挑発的な女…どうすればいいのだ‘?’と考え込み笑いを弾けさせた。

小心者で惚れっぽいダン・ムンヒの反転の迫力とナルシズム炸裂するチェ・ユンヒョクの ‘どうすればいいのだ’という独特のセリフは視聴者を腹の底から笑わせた。
 

このようにクォン・ジョンロク(イ・ドンウク)-オ・ジンシム(芸名 オ・ユンソ, ユ・インナ)のロマンスにハートを射抜かれキム・セウォン-ユ・ヨルムの切ない姿を見守りながら幸せを願ったりもする。またチェ・ユンヒョク-ダン・ムンヒのロマンスには笑いを弾けさせてくれる。パク・ジュンファ監督印キャラクタープレーの延長線とも言える様々なカップルの姿が視聴者に色合いの異なる面白さと愉快さを届けドラマをより豊かに成長させている。

いっぽう, tvN 水木ドラマ‘真心が届く’はある日, ドラマのように法律事務所に舞い込んできた大韓民国を代表する女優オ・ジンシムが完璧主義者の弁護士クォン・ジョンロクと出会うことによって繰り広げられる宇宙女神偽装就業ロマンス。毎週水,木の夜9時30分に放送されている。

ID:
PWD: