メディア情報 - media information
メディア情報
日付
'黄金庭園' 自己最高視聴率更新…上昇キーワード4
2019-09-11

写真=キム・ジョンハクプロダクション


[ヘラルドPOP=アン・イヒョン記者 2019.9.11]

 

‘黄金庭園’が自己最高視聴率を再び更新し上昇気流に乗り始めた。先週の放送でニールセン・コリア基準全国9.5%に続き1分当たりの最高視聴率は10.4%まで上昇し本格的にはじまる‘黄金失踪’に期待を高めている。

MBC週末特別企画‘黄金庭園’(脚本 パク・ヒョンジュ/演出 イ・デヨン/制作 キム・ジョンハクプロダクション)が毎回休む魔もなき巻き起こる事件と秘密の後悔で目を離せない強力な吸引力を届けている。これが視聴率上昇につながっている。特に先週の放送では視聴率が大幅に上昇이, 自己最高視聴率を更新し二桁台進入を目前に控えている。今後さらに高まる ‘視聴率上昇’ のキーワードを四つ挙げてみる。

第一は ‘ハン・ジヘ(ウン・ドンジュ役)の痛快な反撃’である。特に先だっての29話でハン・ジヘがチャ・ファヨン(チン・ナムフィ役)の随行秘書として登場し視聴者の興味を一気に高めた。以降ハン・ジヘはオ・ジウン(サ・ビナ役)の歯ブラシを掠めてカン・ジュニョク(イ・ミドゥム役)のDNA 検査に決定的な枠割を果たしたかと思えば, チャ・ファヨンの家にいるカン・ジュニョクの姿を見て興奮したオ・ジウンに “何をそんなに怖れているの? 本当にミドゥムを捨てて逃げた生母ウン・ドンジュさんに間違いないよね?”と挑発し視聴者を爽快にさせた。自分の過去を取り戻すと心に決めたハン・ジヘがさらに目覚ましい活躍を見せることが見込まれ視聴者の期待をさらに高めている。

第二は ‘イ・サンウ(チャ・ピルスン役)の直進愛’なのだ。ハン・ジヘとイ・サンウの甘酸っぱいロマンスが視聴者を泣かせたり笑わせたり心をときめかせている。特にドラマでイ・サンウはいたずらっぽいお調子者の風貌で爆笑を誘ったかと思えば “これまで生きてきてつらかったことは僕が補ってあげる。これからずっと”と真心のこもった告白でハン・ジヘのハートをときめかせた。

そんななか, 二人はイ・サンウの両親のひき逃げ事件の加害者の娘と被害者の息子という敵同士になってしまうかも知れない状況。本心を伏せたままイ・サンウと別れようとするハン・ジヘと変わらぬ心を表現するイ・サンウの姿が視聴者を哀しませた。さらに32話のエンディングでハン・ジヘがオートバイ事故に遭いこれによって二人のロマンスが新たな局面を迎える者と期待を高めている。

第三は ‘オ・ジウン―チョン・ヨンジュ(シン・ナンスク役)母娘の暴走’である。特にオ・ジウンはいっそう悪辣さを増した姿でドラマの緊張感を高めた。オ・ジウンはハン・ジヘがチャ・ファヨンの随行秘書になったのに続き自身の隠し子がイ・テソン(チェ・ジュンギ役)-チャ・ファヨンと一緒に居る様子を見て極限の危機感に苛まれ, ついにハン・ジヘの殺害を依頼し緊張感を高めた。

特にオ・ジウンはチョン・ヨンジユがハン・ジヘの殺害を依頼すると言いだすとこれ以上罪を犯してはいけないと決しに反対した。秘密が暴かれるかと恐怖に慄いていた以前の姿とは打って変わって勝ち気と憤怒に燃えるオ・ジウンの姿がさらに戦慄を与えた。このように暴走するオ・ジウンが母チョン・ヨンジュと共により悪辣な行動を続けるのか今後の成り行きに期待を抱かせる。

最期に魅力的なキャラクターたちがドラマの隅々に布陣し見どころを膨らませている。ドラマの中でチャ・ファヨン―チョ・ミリョン (ハン・スミ役)は信頼していた会長―秘書の関係からチョ・ミリョンの不倫によって互いに愛憎を抱く関係に変化しもどかしさを醸し出している。またチョン・シア(オ・ミコジュ役)-ヨン・ジェヒョン(ハン・ギヨン役)は年の離れたカップルとしてドラマに愉快な笑いを届けている。ここにイ・テソン (チェ・ジュンギ役)-キム・ユソク(チェ・デソン役)-カン・ジュニョク-チョン・ソヨン(イ・サラン役) など豊かなキャラクターたちが毎回大活躍を見せている。

このように‘黄金庭園’は痛快な反撃, 直進愛, 母娘の暴走, 多彩で魅力的なキャラクターなどが絡み合い視聴者を虜にしているし, これが自己最高視聴率記録へと押し上げたのである。今後繰り広げられる이 黄金庭園’の黄金の道に対する期待をいっそう高めている。

MBC週末特別企画‘黄金庭園’は人生を根こそぎ掠め取られた女ウン・ドンジュ (ハン・ジヘ)の人生を取り戻す物語で真実を隠そうとする者と追い求める者との息詰まる人生ゲームを描いている。毎週土曜日の午後9時5分放送。

ID:
PWD: