メディア情報 - media information
メディア情報
日付
‘黄金庭園’, 初回から最終回まで毎回吹き荒れた…締めくくりのハッピーエンド
2019-10-29

[ソウル経済 チェ・ジェギョン記者 2019.10.28]

 

‘黄金庭園’は初回から最終回までただ一話も手を抜くことがなかった。毎回吹き荒れる展開とどんでん返しの連続で視聴者に強烈な印象を残した。そして締めくくりのハッピーーエンドで視聴者を満足させた痛快な週末ドラマだった。

先週26日に放送されたMBC 週末特別企画주 ‘黄金庭園’(脚本 パク・ヒョンジュ/演出 イ・デヨン/制作 キム・ジョンハクプロダクション) 最終回ではハン・ジヘ(ウン・ドンジュ役)-イ・サンウ(チャ・ピルスン役)がオ・ジウン(サ・ビナ役)-チョン・ヨンジュ(シンツメナンスク役) 母娘の悪行を暴くのと同時に母娘の悲惨な末路が描かれお茶の間に強烈な印象を残した。

崖っぷちに追いやられたオ・ジウン-チョン・ヨンジュ母娘はさらに暴走した。特に二人はチャ・ファヨン (チン・ナムフィ役)がMS(多発性硬化症)という事実を知ってそれを悪用しさらなる悪行を行った。I&K グループ60周年行事でチャ・ファヨンが移動する動線を捏造し彼女の病気をばらしたのである。ハン・ジヘはこれを仕込んだのがオ・ジウンだという事実を暴いて爽快なサイダー届けた。その後オ・ジウンはイ・テソン (チェ・ジュンギ役)の後を追ったが全ての計略が水の泡となったという事実を知ったチョン・ヨンジュがイ・テソンを車でひこうとした。この時これを目撃したオ・ジウンがイ・テソンの代わりに車にひかれお茶の間に衝撃を投げた。チョン・ヨンジュは結局自身の手であれほど愛してやまなかった娘オ・ジウンを直接死に至らしめいかなる刑罰よりも過酷な罪の償いを受けるとこになった。さらにその後法の審判を受けて刑務所に収監されたチョン・ヨンジュが自害をもって一生を終える姿が描かれ最後まで曖昧さのない勧善懲悪を届けた。

そればかりでなくハン・ジヘ-イ・サンウは結婚し視聴者の顔に笑顔を咲かせた何よりもハン・ジヘ-イ・サンウそしてチャ・ファヨン, キム・ヨンオク(カン・ナムドゥ役) 等全員が力を集めMS 研究財団を設立する等締めくくりのハッピーエンドをと遂げた。最後まで目の離せない没入度と予測を覆す破格の展開, 深い戦慄まで届けた‘黄金庭園’が残したものを整理してみた。

1. 毎話が最高級! お茶の間を吹き荒れた快速展開! ‘楽しかった’  

このように早い展開のドラマは未だかつてなかった。 ‘黄金庭園’は毎話が最高級という好評を得ながら視聴者を虜にした。特に初回から名前を奪われたハン・ジヘから名前を奪った ‘異腹姉妹’ オ・ジウンの衝撃的な過去, ハン・ジヘを捨てた‘義母’ チョン・ヨンジュとの対面, ‘オ・ジウンの前夫’ ムン・ジユン(イ・ソンウク役)の交通事故までキャラクターたちの過去の歴史と事件が活火山のように爆発しお茶の間歩魅了した。さらに‘黄金庭園’ 祭りを巡るハン・ジヘ-イ・サンウの因縁とオ・ジウン-チョン・ヨンジュ母娘の悪行, キム・ユソク(チェ・デソン役)-チョ・ミリョン(ハン・スミ役)の不倫の過去等衝撃的な秘密が毎話明かされ視聴者をしびれさせた。ひいては爽快に突っ走る早いストーリー展開の中でも贅肉のないスマートな展開で土曜日夜の視聴者を楽しませてくれた。

2. みなをスカッとさせたサイダー! リレー反撃の妙味! ‘痛快だった’

黄金庭園’は土曜日の夜の視聴者のストレス解消剤になった。見るだけで心がスカッとするサイダー・ドラマで毎週お茶の間にしびれるような快感を届けた。特にチョン・ヨンジュが大型爆弾を投げるとチャ・ファヨンがこれを受けてハン・ジヘが反撃を加える等休む間もなく繰り広げられたリレー展開が毎話痛快さを届けた。過去を巡る人物間の息詰まる闘いがしびれるような緊張感を醸し出しつつオ・ジウン-チョン・ヨンジユ母娘の醜悪な悪行が立て続けに暴かれ爽快なサイダーのような展開を作りだした。また醜悪な過去を隠蔽するためさらに悪行を重ねるオ・ジウン-チョン・ヨンジュ母娘と膨れ上がる母娘の秘密を一つずつ暴いていくハン・ジヘ-イ・サンウの七転八倒の対決の構図が視聴者に痛快さを届けた。

3. 捨て駒のキャラクターが一つもなくおばあさんから子役に至るまで珠玉のように輝いたキャラクター! キム・ヨンオクからチョン・ソヨンまで全ての熱演が‘輝いた’  

‘黄金庭園’はおばあさんから子役に至るまで壁手のキャラクターが珠玉のように輝いた。特に俳優たちの熱演でキャラクターをさらに生き生きとしたものに作り上げた。ハン・ジヘは外柔内剛のウン・ドンジュのキャラクターを繊細な感情の演技で完璧に描き出し ‘さすがハン・ジヘ’との賛辞を引き出した。またイ・サンウは意外な愛嬌から両親を殺害した仇を捕える熱血刑事の姿まで多彩な魅力をアピールし彼の幅広い演技スペクトラムを再度証明した。オ・ジウンは罪の意識に苦しみながらも醜悪な悪行を止めることができないサ・ビナのキャラクターを立体的に表現しこりまでいなかった新しい悪女のキャラクターを誕生させた。イ・テソンは信じていた妻の醜悪な本性を確認し混乱に陥る男チェ・ジュンギのキャラクターに説得力を持たせ視聴者の感情移入を誘った。

これに加え欲張りの老婆という味のある演技を見せてくれたキム・ヨンオクからチャ・ファヨン-キム・ユソク-チョン・ヨンジュ-チョ・ミリョン-チョン・シア(オ」メミジュ役)-ヨン・ジェヒョン(ハン・ギヨン役)-ムン・ジユン-イ・ジョンミン(チョロン役)をはじめ‘黄金庭園’のマスコットと呼ばれ成人俳優に負けずとも劣らない演技力を誇ったカン・ジュニョク (イ・ミドゥム役)-チョン・ソヨン(イ・サラン役)まで全ての俳優が適材適所で活躍しストーリーを輝かせた。까

4. 息遣いまで聞こえるセリフ! 迫真の演出! 작作家と演出の相性も完璧だった’

‘黄金庭園’は作家と演出の相性まで完璧だった。パク・ヒョンジユ作家は息を呑むような快速の展開の中にも骨太いストーリーの構成で視聴者を毎回驚かせてくれた。特に ‘黄金庭園’ 祭りを中心に絡み合ったハン・ジヘ-イ・サンウの因縁とチョン・ヨンジュのひき逃げ,これによって以降キム・ユソク-チョ・ミリョンの不倫が明かされるなど全ての事件がきめ細かくつながっていて毎回ドンで返しを見せてくれた。そればかりでなく息遣いまで聞こえるような生きたセリフがドラマへの世界へと引き寄せてくれた。ここにイ・デヨン監督の緊張感あふれる見事な演出力が加わり吸引力を膨らませた。特に45話, ハン・ジヘ-イ・サンウの黄金庭園祭りでの再会のシーンは視聴者の感動を呼び起こした。自身の幼い頃の記憶を追っていたハン・ジヘ-イ・サンウが一つの地点で劇的な向かい合った姿が美しく神秘的に描かれ感動的であった。さらに映画<パラサイト><極限職業> 等の名場面をドラマの状況に応じてパロディーとして生かしドラマの笑いも忘れなかった。

何よりもパク・ヒョンジュ作家とイ・デヨン監督の絶妙のタッグが絶頂に達したのがエンディングであった。スタートから休む間もなく走り続ける展開で緊張感を最高潮に引き上げた後エンディングシーンで完璧な勧善懲悪を通して痛快なカタルシスを感じさせてくれた。これに視聴者は‘エンディングの達人’とのニックネームで呼ぶほど台本と演出が織りなす絶妙の呼吸を誇った。

MBC 週末特別企画‘黄金庭園は人生を根こそぎ掠め取られた女ウン・ドンジュ(ハン・ジヘ)の人生を取り戻すための物語で真実を隠すものと追い求める者との息詰まる人生ゲームを描いたドラマ。先週26日(土) 60話を最後に終了した。

ID:
PWD: