メディア情報 - media information
メディア情報
日付
‘シックスセンス’ イ・サンウ、簡単ではなかったバラエティー適応期
2020-09-28

[NEWS EN イ・イェジ記者 2020.9.25]

‘シックスセンス’ イ・サンウが簡単ではなかったバラエティー適応期を経験した。

9月 24日に放送された‘シックスセンス’ 4回のゲストとして俳優イ・サンウが出演した。イ・サンウは初登場から最後まで ‘死くっすセンス스’メンバーたちのテンションに適応的ない姿を見せた。

登場から照れながら歩いてきたイ・サンウは熱烈な歓呼の中で沈黙を保った。いたたまれなくなったユ・ジェソクは彼に肉声でのあいさつを促した。これにイ・サンウは“アンニョンハセヨ、イ・サンウです”と短い言葉だけであいさつを終えた。イ・サンウは ‘シックスセンス’ メンバーたちが賑やかに騒ぐかなでも途方に暮れ、ぎこちない笑みを浮かべるだけだった。

彼はどのチームに入りたいかとの質問に、俳優同士のチームに入りたいといった。オ・ナラ、チョン・ソミン。イ・サンウは一所に集まった。チョン・ソミンは俳優チームの雰囲気がぎこちなくなると、“少し経っているだけでも雰囲気がとても重い”と言った。これにユ・ジェソクは “イ・サンウさんはとても面白い方だ。声のトーンが低い、耳をすましながら聞かなきゃいけない”と言ってツッコミを入れた。

イ・サンウは‘シックスセンス’ メンバーたちと同情した車の中でもぎこちなく過ごした。彼は車に前もって乗っていたが、気配を消していて、メンバーたちは存在自体をわからなかったとのこと。イ・サンウは自分なりに適応しようと努めた。彼は一緒に笑ってみたり、メンバーたちの話に耳を傾けたり、暑いといってエアコンを入れたりした。

‘シックスセンス’ メンバーたちの質問攻勢にイ・サンウは短く答えた。これにチョン・ソミンは“普通これくらい話せば一回は自分から話してもいいのに”とおどけて見せた。ジェシーも彼は悪口が達者だと言ってジョークを飛ばした。イ・サンウは‘シックスセンス’ メンバーたちのいたずらにただ笑うだけだった。

撮影の間中消極的な態度を見せたが、イ・サンウは途中途中で突飛な魅力を見せたり、ぎこちないが撮影に一生懸命臨もうと努力した。

そんなイ・サンウの態度に視聴者は “イ・サンウさん、バラエティーに出ても言葉もないし、なぜ出てきたの”と酷評されたが、一角では “バラエティーが苦手なのに一生懸命努力する姿がカッコよかったです”と反応した。

いっぽう ‘シックスセンス’ 4回はグローバル運動三種のうちニセモノ一つを捜し出すことをテーマにペルシャの古代運動、ネパール部族の伝統修練、ヨーロッパ伝来のジャンピング運動が紹介された。この中からニセモノはネパール部族の伝統修練運動だった。イ・サンウが属した俳優チームは正解を当てられず、残念がった。反面、歌手チームは正解を言い当て、喜びを満喫した。

 

(写真=シックスセンス放送画面キャプチャー)

ID:
PWD: